So-net無料ブログ作成
検索選択

ストイックな人 [Dance]

初対面、運動なんかとは無縁な人物に見えるらしい。自分は素人ながらも、運動に関してはストイックな方だと思っている。

人は見かけによらぬもの~(~~) そんなギャップも強みにしよう。

先日、スポーツクラブのバスケトボールサークルに参加してみた。何年ぶりにバスケットボール触ったかな。。。

やはり体で覚えたことは忘れないものだわ。中学、高校時代はバスケ部。リズムよくフェイントをかけ、カットインも決まった[手(チョキ)] やるじゃんあたし!!と調子に乗ってはりきったら、

その日の夜中、突然右のふくらはぎがつった[あせあせ(飛び散る汗)] うぅぅ・・・痛ったぁぁ・・[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

寝る前、ストレッチもちゃんとしたのに。

明らかに体が劣化していきている。疲れが残る。代謝が落ちてきていることも感じる。

mk_BW.jpg音楽性もさることながら、ダンサーとしても類まれな才能を発揮させたマイケル・ジャクソン。

ダンスの凄さは天性のものだけではない。その影には、日々のもの凄い練習量と、切磋琢磨する姿があったという。

彼の死因が「麻酔薬と鎮静剤の複合投与による死亡」と断定された。

50歳であった。

薬の常用は、不眠症を解消するためであった。

ロンドン公演で、ムーンウォークの次のステップが発表になるとも言われていた。それこそ死の直前まで一生懸命稽古をしていたのだ。

完全主義者であったというマイケルだけに、12年ぶりの公演を前に緊張が高まっていた・・・。「強い不安からくる興奮状態だったのだろう」とある心身医学医もコメントしていた。

 

book_KT.jpgクラッシクバレーダンサーの草刈民代さん。

44歳。

彼女の著書『全身からだ革命』を読むと、かなりストイックな人だということがわかる。

20代で体を壊してからの、徹底した食生活の改善、肉体改造。週に何度かのピラテスで体の幹を整え、PNFで筋力トレーニング。

その食生活は、“食命!”の自分にはとうてい真似はできない。。。

 

動物性たんぱく質はいっさい摂らない。そうしているうちに肉は受け付けない体になってしまうそうだ。 マイケルも菜食主義者であったという。

フィットネス雑誌にバレーダンサーの食生活紹介がよく掲載されるが、よっぽど我慢強い人でなければ普通の人には無理だ。だからプロのダンサーでも結構悩むわけで、体重増加でパートナーがいなくなり解雇されたロシアのバレーダンサーもいた。

プロダンサーやプロのアスリートは、何よりも自己の肉体と精神とに、もろに向き合わなければいけない。

加齢による体力の衰えにも目をそらすことなく、より克己して体を作っていく。

足がつった、体が疲れる、なんて言ってジタバタしている次元の問題ではない。はたまた、痩せたい願望だけで無茶なダイエットをしたり、フィットネスDVDを買いあさって三日坊主で終わるそこらへんの女の子たちとは全然違うのだ。(うわぁ・・・敵にまわした人いっぱいいるかも[爆弾]

全く土俵が違うにしもて、プロダンサー、プロアスリートたちのその強靭さ、いさぎよさにはあっぱれ!あっぱれ!。。。。という所感。

 


nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 6

つなみ

踊る人は、目的や心の温度、年齢や環境によって
自分を見つめる眼が変わりますネ。
大人なら尚更そうデス。
でも、そこがまた、各個人の克己なのかもしれませんネ^^
わたしの記事へのコメント、ありがとうございました。
とても嬉しかったのです。
by つなみ (2009-09-10 21:55) 

aura-aura

つなみさんへ
自分は“もっとカッコよく”とか“もっと綺麗に見せたい”なんて、つい形ばかり意識して踊っていますが(というか余裕がないのですが・・・)やはり、何事も“精神”って大切ですね。結局はそうい部分が表に出てしまいますから。つなみさんの記事を拝見していると、“踊る“ことと“心”のお話が出て来ますね。感慨深いです。。。
by aura-aura (2009-09-11 00:06) 

ram

プロダンサーやプロのアスリートは、ストイックに肉体と精神を
鍛えているのでしょうね。
aura-aura さんがバスケ部で鍛えた肉体、精神は
今に生かされていると思います。
かつてマイケルは
ホテルに作らせたダンスフロア(自室)で
コンサートが終わった後もダンスの猛練習をし
その床は汗でびっしょりだったと
ホテルマンが語っていました。
そして死の直前まで稽古をしていた完璧主義のマイケル。
相当なプレッシャーが不眠を引き起こしていたと思うと
胸が痛くなります。
by ram (2009-09-11 10:45) 

aura-aura

ramさんへ
ramさんの記事にもあったように、あのローファーがボロボロになるまでいつもダンスの稽古をしていたというマイケル。彼の復活はとても嬉しかったけれど、体力の衰えや病気説、ファンは皆心配していましたよね。そして50回もの公演を組まれたこと・・・。そんな計り知れないプレッシャーの中でもがんばろうとしていた彼。本当に胸が痛みます。。。
by aura-aura (2009-09-11 20:07) 

ヒデ

ブログに頂いたコメントにURLがあったので遊びに来てみました。確かに運動とは無関係な感じがしてたのでビックリ(^O^)

また遊びに来ますね

PS.次は大人のヤシガニを捕獲して食します
by ヒデ (2009-09-12 21:18) 

aura-aura

ヒデさんへ
ご訪問ありがとうございます(*^^*)私も5月からブログはじめてみました。
ショップHPのログを拝見しながら、ヒデさんもがんばっているのだなぁと思っていました。私も、愛する与那国の記事を載せていますので、また見に来てくださいね!スタッフブログ楽しみにしていま~す(^^)/~
by aura-aura (2009-09-13 00:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。