So-net無料ブログ作成

御蔵島2012年夏(その1) [ダイビング]

小舟のすぐ近くに。。。群れも。。。三宅島も見渡せ。。。 

20120807_5.jpg

御蔵島の海のブルーはやっぱり素敵[ぴかぴか(新しい)]

訪れた時、島にちょうど黒潮がどっぷりとあたっていました。だからこの青!碧! blue!

島の沿岸で定住しているイルカ。
御蔵島は「ミニ屋久島」とも呼ばれています。雨が多く水が豊かな島。海鳥が営巣し、栄養分豊かな島の水が海に流れ込む。その水で海も豊かになる、この見事な自然の循環が、イルカを棲まわせる奇跡の島にしています。
東京からこんなに近いのに。。。本当に素晴らしい[ぴかぴか(新しい)]

御蔵島は2000年から通い始めて、かれこれ12年。私の海の原点といってもいいかもしれません。
過去記事はコチラ↓
http://aura-aura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-21
http://aura-aura.blog.so-net.ne.jp/2009-08-21
http://aura-aura.blog.so-net.ne.jp/2009-08-22

20120806_1.jpg

さて今回は八丈島から船で北上。10:00、ひどいどしゃぶりの中[雨] 八丈島底土港を出航。
13:10過ぎ御蔵島に到着。実は御蔵島、「島へ渡れない、島から出られない」というおっかなーい島sakebi.gif島に一つしか港がないので風向きや、潮流の関係で船が着岸できないことあるのです。過去に2日間閉じ込められた経験も。今回それだけが心配でしたが、無事上陸できました。

20120806_2.jpg

さっそく海へGO!今日からは素潜り。体力勝負・・・なんだよなぁ。
8人乗りほどの小舟で島を周遊しながら、イルカを探します。午後はお日様も出てきました[晴れ]

いつも出迎えてくれるよね[るんるん]この瞬間、あぁ、また来てよかったぁと、一気に気持ちがほどけていきます。

20120807_4.jpg

カメラのレンズのような丸いものに、イルカは興味を持って近寄ってきます。彼らの持つ特殊な能力「エコロケーション」。この能力で「この生き物は自分たちと同じ(哺乳類)だけど、カメラのレンズはちょっと違うものでできているぞ?eyeeye.gif?なんだろう」って詮索しているのかな。

20120807_2.jpg

胸ヒレに何かをひっかけて遊んでいました。好奇心旺盛なイルカたち。人間の出したゴミ、釣り糸なんかでイルカたちを傷つけているという事実もあります。

20120807_3.jpg

親子イルカ。[揺れるハート] 赤ちゃんはまだ白く、縦のしま模様の「胎児しわ」もはっきり見えます。生後1か月位の赤ちゃんだという事です!お母さん見せにきてくれてありがとう^^[黒ハート]

続く・・・。


nice!(13)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。