So-net無料ブログ作成
検索選択

Salsa Bar [Dance]

salsa_tomoko1.jpg仕事帰りのスーツの殿方、銀座OLジーンズTシャツの若者、コートの下に衣装を仕込んできた常連の女王様、イケメンラティーノ。。。

夜9時過ぎ、どこからともなく色々な人が集まってきて、飲んでは踊り、踊っては飲んでの熱いノリのSalsa Bar kiss.gif

コロナビールを片手に、私もちぃとだけはじけてきちゃいました*^^*

http://www.lasrisas.com/

“血”で踊るラテン人達は、わからぬスペイン語で歌いながら踊ってる。自分はサルサは全くド素人。。。それでもお相手のリード次第で、初心者でもそこそこ踊れるものなんです。あとはノリ!ノリ!

salsa_tomoko1.jpgそれでもやっぱりカッコよく踊れる女子は華ね[ぴかぴか(新しい)]

で、我らがエアロビクスインストラクター、ともこ姉さんlady.gif  →

オーラ撒き散らしておりました[爆弾]

この業界では知らない人がいないほどの常連&スペシャリスト。2月がバースデーのとも姉。「バーサルタイム」(バースデーの人がステージ中央で、名乗り出る殿方と次々と踊っていく)では技あり、色気ありで、女王様の一人舞台に見とれるばかりでした。

 

ラテンのノリ「HEAVEN」[るんるん] 3月はましゃと一緒にはじけてこよー[揺れるハート]

 


nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真夏のフラメンコ [Dance]

義姉の習っているフラメンコの発表会に行ってきました[かわいい]

ALERIAS.jpg

「第3回ラス・フローレンス増田恵美子スペイン舞踊研究所発表会」

ALERIAS_2.jpg観に行ったのは今回で3回目。週一回のお稽古の中で、その成果を一生懸命披露してくれました。義姉は私と違って、たっぱがあるので、洋装も似合うし、舞台映えしてかっこいいなぁ~。

ジャンルは違うながらも私もダンスをかじっている中、姿勢や目線、リズムの中でのキレのある動き、フラメンコ独特の手の表情、とても刺激を受けました。そして、なんといってもフラメンコは衣装が豪華で素敵です。

 

今回はスペインからの特別ゲスト、日本でも人気を博している「ハビエル・サンチェス」さんが招かれ、増田先生との共演も実現。ラテンダンスの魅力たっぷり、素晴らしい舞台となっていました。

M&H_1.jpg

 

habiel.jpg

ハビエル・サンチェスさん。 どぉ~ですぅ[黒ハート][黒ハート] このイケメン度!

ジョニーデイップばりの色気。

普通の表情はやさしげですが、一端踊りだすと別人のような表情になり、男性ならではの力強い踊りとフラメンコの妖艶なダンスを披露してくれました。

 

M&H_2.jpgM&H_3.jpg

 

 

 

 

 

増田先生もハビエルさんも、クラッシクバレエ仕込みのコアのしっかりしたキレのあるダンス。

後半は、兄貴と一番前の席を陣取り、義姉にプレッシャーをかけながら観賞[カメラ] 世界一難しいと言われるフラメンコギターと、歌の生演奏、ダンサーの靴音と、迫りくる熱気に感動でした[ぴかぴか(新しい)]

 


nice!(22)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DWM vol.5 (Ghosts ) [Dance]

GWの唯一の楽しみでした。。。

ユーコ・スミダ・ジャクソンさんのダンスワークショップ

[黒ハート] Dance with Michael [黒ハート]

『Ghosts』 

 
sign_aw_0502.jpg

 

今回は、17:00からの追加クラスへかろうじて参加することができました。先日の「ソロモン流」「ウンナンのラフな感じで」のTV放映の影響もあるのでしょうか、一層このワークショップの予約が困難になっている感じがします。 見学の方もたくさんいらっしゃいました。

『Ghosts』はユーコさんにとって、マイケルとの最後のお仕事となった作品だそうです。ここからダンサーとしての活動もお休みに入ったそうなんですね。

この演目も『Dangerousu』同様、大変な演目だったそうで、ダンスの振りから、メイキングまで、ダンサーたち全員ご苦労されたそうなんです。(ボロボロになったぁ~とユーコさん・・・)収録中、食事の時だけメークを半分だけとってもらえたとそうですよ。

 

 

実際、ユーコさんたちダンサーの撮影シーンにマイケルはいなく、ブルースクリーンの中、踊り、駆け回ったそうで、CGにもかなり予算をかけている作品のようです。

さて、音楽は映画の曲の中から「2 Bad」という曲になります[るんるん]

今回の振りは、1:55頃~2:18位と、3:05頃~4:07位。今までのマイケルのダンスの中では、ちょっと趣向が違うものだと思います。

群舞、向かって一番左端にいる、髪を盛っていて黄色のスカートを履いたゴーストがユーコさんです。(3:14頃からよくわかるかな。3:48~3:51アップあります)

ご覧の通り、ム・ム・難し~い・・・・

膝を酷使する振りが多くあるので、エクササイズ的な注意もありました。そんな部分もダイナミックで好きだし、肩を回して風切る感じの振りもカッコよくて好きだなぁ。

またもや雰囲気つかむぐらいで終わってしまいましたが[たらーっ(汗)] 最近はめげなくなってきました^^ 自主練して、次回またがんばろー! 

最初に皆でビデオを観て、その後ユーコさんや、Yuka先生達、3人が鏡の前でダンスを披露。

「ヒヤァ~」と生徒さんのため息と同時に「かっこいい~」と大拍手[ぴかぴか(新しい)] 

yukosan_0502.jpg★ユーコさんのダンサーとしてのまた違ったかっこよさが観られるダンス★

感動しました!

ユーコさんご自身のダンススタジオ「Awakening Space」も7月で1年、マイケルも逝去して6月で1年。。。ということで何かスペシャル企画を計画されている感じですよ~[ハートたち(複数ハート)]

一緒に写真撮りたいなぁ...なんてちょっとモジモジしていたら、ユーコさんの娘さん、コナちゃんが撮ってくれましたよ[カメラ] とっても明るくて可愛いお嬢さんですね~! コナちゃんもレッスンに参加していて、グループ分けレッスンでは一緒のグループで楽しく踊りました[わーい(嬉しい顔)]

 

DWMの過去記事は^^→http://aura-aura.blog.so-net.ne.jp/tag/Dance%20with%20Michael

(おまけ)

GHOSTS.jpg

『Ghosts』
マイケル・ジャクソンが主演する映画として、先日、日本でも『ムーンウォーカー』が公開されましたが、その9年後の1997年に『Ghosts』という作品が製作されました。『スリラー』のようにPVが流れまくったわけでもなく、国内でも、コレクターズ・ボックスセットとして限定発売されただけで今や入手困難。その映像は、DVDではなくビデオテープのみ。私もYouTubeでしか観たことありません。
(お話) 
ある村の村人たちが、お城に住む変わった主人を追い出そうとする話。そのお城の主人役がマイケル・ジャクソン。村長を中心に村人たちがこのお城に押し寄せ、お城の主人(マイケル)が彼らを出迎えるのですが、城の住人(ゴースト)たちを呼び覚まし、すばらしいダンスを村人たちの前で披露するのです。人々は怖がりながらも、マイケルのパフォーマンスにどんどん引き込まれていきます。

 

 

マイケルの逝去から間もなく1年。。。早いですね

マイケルバイブル!のramさんKachanさんからも先日情報頂きありがとうございます^^/ WOWOWが追悼特集を組み、この幻のショート・フィルム「Ghosts」が世界初のハイビジョン映像として放送されるそうです! 今回放映されるのは、ドキュメンタリー、ライヴ映像、映画、メイキング作品など7作品。昨年公開された映画『THIS IS IT』もテレビ初放送されるそうですよ~。

http://www.wowow.co.jp/music/mj/?banner_id=mv_top

■音楽「マイケル・ジャクソン HIStoryツアー・イン・ミュンヘン 1997」 6月26日(土) 午後2:10

■映画『マイケル・ジャクソン「ゴースト」』 6月26日(土) 夜 6:00[HV]

■エクストラ「メイキング・オブ・マイケル・ジャクソン「ゴースト」」 6月26日(土) 夜 6:44

■映画『マイケル・ジャクソン―THIS IS IT』 6月26日(土) 夜 7:00[HV][5.1]

■他3作品

beru.gifキャプテンEO もいよいよ!東京ディズニランドこの7月1日から復活ですね~beru.gif


nice!(33)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DWM  vol.4 ~ regular class [Dance]

先週土曜日、ユーコ・スミダ・ジャクソンさん主宰するAwakening Space[バス]

今回は「ダンス基礎DWM」というクラスと「アウェクニング」の2つのレッスンを受けてきました[晴れ]

 

sign_aw_20100403.jpg

 

先週、ユーコ・スミダ・ジャクソンさんの特集がテレビで放映され(3/28 テレビ東京「ソロモン流」)、その影響なのか、過去に自分が書いた「ダンス・ウィズ・マイケル」の記事へのアクセス数がどっと増えていてびっくりしている。改めて自分の文章が世に出ているのだなぁと実感。。。

yukosan.jpgユーコさん、今とても注目されている。これまであまり注目されてこなかった事が不思議なぐらいなんだけど。

マイケル・ジャクソンの元バックダンサー、その容姿はもちろん、生き方、若い頃からの御苦労、弛まぬ自分磨き・・・テレビを見てユーコさんを始めて知った方も、色々と共感、刺激を受けられたようですね。 世界が認めたビックな方なのに、実際お会いしても、飾らない、ごく普通な感じが、またとても惹きつけられてしまいます。newsweek_2007.jpg

ユーコさんは2007年「Neews Week」誌で「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれている。

さて、今回受講してきた「ダンス基礎DWM」。
この4月から毎週土曜のレギュラーで始まったAwakening Spaceの新しいレッスンクラス。講師はもちろんユーコさん [揺れるハート]

 

昨年8月から月一で開催されている「ダンス・ウィズ・マイケル」ワークショップ。私も数回参加しているが、あれだけの難しいダンスを短時間で習得するのはとても難しい。振りの順序を覚えるだけで終わってしまう。何か生煮え状態の感じがずっと私の中にはあった。この新しいクラスでは、ダンスの基礎も学べ、マイケルのダンスも短いパートだが、じっくり教えてもらえる。そんな内容のレッスンです。

 

その詳細は。。。

 

レッスンはマイケルのナンバーでリズム[るんるん]に合わせて進みます。

まずは、ユーコさんのダンサー経験からなるクラッシクバレエ、ヨガ、ダンス要素のメソッドで、体幹を鍛えるもので、腹筋や柔軟運動など。股関節を意識する身体の動かし方は、毎日のエクササイズにもとてもいいと思った。

そしてアイソレーション。アイソレーションとは、体の各部分(肩、首、胸、腰、腕)を、意識して分離し、単独で動かすトレーニング。その難しさにはダンスの奥深さを感じました。これは毎日、家で練習しなくちゃ身に付かないって感じ。

次にダンスステップ。

ジャクソン5メドレーからの簡単なステップでレッスン。

そしていきなり

「ムーンウォークやりまーす^^!」とユーコさん。

えっえっ~(゜o゜)!

 

私も含め、生徒の皆さん、びっくりと嬉しさで歓声があがりました[わーい(嬉しい顔)]
『ビリージーン』も流れて[るんるん][るんるん]
「期待しないでね。。。」なんて謙遜されていましたが、

 

ユーコさんのムーンウォーク、さ・す・がです!! 
かっこいい~☆☆ 感動でした~☆☆

 

そしてマイケルナンバーでのダンス。この日は『デンジャラス』

 

( ↑ 3:05頃~3:23頃 シルエットダンサーがユーコさんです[目]

最初の部分4エイトほどの振り(0:40~0:57ほど)。ギャングが仰向けのところから起き上がる感じのイメージ作り、ポイントする指先、その視線の落とし方、体の搾り具合、といった細分にこだわったレッスンでした。
通常のDWMのワークショップとは異なり、短いパートをじっくり時間をかけてやってくれるので、表現する事もイメージしながら身体を動かせる余裕ができました。

 

ダンスが初めての方も、マイケルの踊りを習いたいけどはずかしい、とか二の足を踏んでいる方にも、暖かく迎えてもらえるレッスンなのではと感じています。そんな雰囲気作りも、ユーコさんの力量なのかなぁ。

 

そして「目指せステージ[ぴかぴか(新しい)]」が合言葉。マイケルのダンスを学んだ生徒さんでステージ披露するというユーコさんの新たな企画もあり、情熱感じられるダンスクラスになっていますね。

 

この「ダンス基礎DWM」完全予約制。トホホな事に。。。私もこの1回限りの予約しかできず、今月は全てうまってしまっているという事です。

 

(おまけ)

ゴールデンウィークはスペシャルWS『GHOSTS』が開催されるそうです。
是非参加してみたい~^^
ユーコさんのダンスを見るだけでも必見ですね~☆

 

↓ ご興味ある方。「ダンス・ウィズ・マイケル」過去レポートです^^;

http://aura-aura.blog.so-net.ne.jp/2009-12-24
nice!(26)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DWM  vol.3 [Dance]

先週日曜日、またまた参加して参りました[わーい(嬉しい顔)] 

ユーコ・スミダ・ジャクソンさんのダンスワークショップ

[黒ハート] Dance with Michael [黒ハート]

sign_dwm.jpg

先月はあのケント・モリさんもスペシャルゲストでいらっしゃり、「The Way You Make Me Feel」をユーコさんと共演されたとか(゜o゜)!
☆ユーコさん「The Way You Make Me Feel」Dangerouツアーリハはこちら

 

この日も熱気ムンムンのAwakeningスタジオでした。

DWM_5.jpg

『Jackson 5 メドレー』が今年から新しく始まっていました[るんるん]

"I WANT YOU BACK" → "ABC" → "DANCING MACHINE" → "THE LOVE YOU SAVE"→"CAN YOU FEEL IT"→"SHAKE YOUR BODY"と、ユーコさんセレクトナンバーで続いていきました。

曲をご存知の方にはノリノリ感、おわかりになるかと思います^^[るんるん]

途中、ユーコさんのオリジナル振りも入り、最後は自分の好きなマイケルのキメポーズで[ぴかぴか(新しい)]
ユーコさんは、あの「つま先立ち」をキメてかっこいい~!

今回、このナンバーは見学していたのですが、もう椅子の上で身体が勝手に動いてしまいました。一緒に見学されていたイギリス人の男性の方、お子さんのレッスンを見ながら、楽しそうに歌を口ずさんでいらっしゃいました^^

小さなお子さんもはじけられるような、楽しいナンバーになっていますね。 次回は絶対参加したぁーい^^!

 

 

 

『Dangerou』  

前回ボロボロ[たらーっ(汗)]でしたので、クリスマスの後、自宅で特訓しました^^;

(前回記事、かっこいいマイケル映像はこちらポッチっと

でも周りの方たちが完璧すぎて゜゜;まだまだですわぁ・・・。
今回は最後のパートも追加レッスン。
スタジオは前回よりも人数が多く、全員で踊るとかなり窮屈な感じ。後半、回転が多く入る振りなのでひとつ振りが遅れると、お隣の方を思いっきりパンチしてしまいそうでした[がく~(落胆した顔)]

 

『Thriller』

MJ_Thriller.jpgこちらも途中抜けてたパートを新しくレッスン。PV通り全部つながりました。

最後は足を引きづった感じから、マイケルの「アォー」の声を合図に振り向き、アルバムジャケットのような感じで、皆集りキメポーズ[ぴかぴか(新しい)]

やっぱりこのナンバーは永遠に好き[ハートたち(複数ハート)] 楽曲もダンスも素晴らしいと思う。

ゾンビ達のダンスなので、個性を出して踊るのではなく「合わせるところは合わせる」ことが大事だというナンバー。頭の動きや、ソンビっぽい手の振り、手の位置をなど、ユーコさんから細かいアドバイスも出るほど、皆さんのレベルが上がってきていました。

 

[キスマーク]今回のユーコさん講評です(ざっくりまとめてます)

「昨年8月から初めたDance with Michael。もう何度もお見受けする方もいますし、今日は遠くからいらしている方もいて、本当にありがとうございました。皆さん相当練習されてきていますよね。びっくりしてしまいます・・・。

私が経験してきたものをお伝えしていますが、それを皆さんの中にあるマイケルでどんどん表現していって下さいね。きっとそんな姿、天国のマイケルも喜んで見ていてくれているんじゃないかと思います。

マイケルのダンスはとても難しいのです。我々ダンサーもかなりの練習をしてきました。やはり完全に習得するには、基本的な練習が必要になってくると思います。そんな事を思い、4月から新しいダンスクラスを設ける予定です。アライメントなどダンスの基本的な動きを練習して、その流れの中、最後にマイケルのダンスを少しずつ入れていくようなレッスンクラスを設けようと思っています。」

なんと、私がまさに望んでいたダンスクラスではないですか☆ Awakningもきっちりやってみたいと思ってるし。ちょっと通うのに場所が遠いお教室なんですが。是非習いたいなぁ。人気爆発[爆弾]しそうな感じしますが。。。

実は今回、TVの撮影 [映画] も入っていていたんですよ[あせあせ(飛び散る汗)]

 

 

ジャクソン5・ベスト・セレクション

ジャクソン5・ベスト・セレクション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: CD
グレイテスト・ヒッツ ジャクソン5

グレイテスト・ヒッツ ジャクソン5

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1998/04/15
  • メディア: CD

nice!(20)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DWM vol.2 ( Will yo be there ~ Thriller ) [Dance]

マイケルとの出会いは心の宝物であり、彼を通してたくさんの経験や出会いは私の人生の中でも強力なちからとなっています。マイケルに敬意と感謝を込めて。。。

そんなユーコさんのワークショップ、後半です[ぴかぴか(新しい)]

ys_dangerous.jpg

 

ワークショップは

①まず最初にDVDの映像を見てイメージをつかみ、振りの確認を行います。

②ウォーミングアップは、足、首、腰のストレッチ。そしてアイソレーション。

アイソレーションとは、体の各部分(肩、首、胸、腰、腕)を、意識して分離し、単独で動かすトレーニング

身体の他の部分がつられて動いてしまうから、私のような素人にはとても難しいのです。。。マイケルってよく首だけスライドして動かしますよね。人間離れして見える動きの基礎となっている部分だと思います。

③全員でレッスン。2エイト(4小節)ぐらいのパートに分けて振りを覚えていきます。ユーコさんのひとつひとつの振りに集中ですeyeeye.gif

④4班ほどのグループに分けて、グループ発表します。

⑤曲をパートに分けて、各班それぞれのパートを踊ります。前の班がはけると同時に、さりげなく自分達の班が鏡の前へ。ちょっと緊張感もあって、皆で一つの舞台を作り上げているっていう感じで楽しかったです[揺れるハート]

 

午後はまず 『Will you be there』 から!

続きを読む


nice!(28)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DWM vol.1 (Dangerous) [Dance]

beru.gif Merry Christmas beru.gif

“Dance with Michael ”

昨日、ユーコ・スミダ・ジャクソンさんのダンスワークショプへ参加してきました[黒ハート]

DWM_1.jpg
ys_aw.jpg 
以前にも少し書きましたが、ユーコさんは単身24歳でL.A.に渡り、マイケル・ジャクソンのDangerousuツアー、ベイビーフェイスのワールドツアーに抜擢された初の日本人女性ダンサー。

 

アカデミー賞、グラミー賞、アメリカンミュージックアワードなどのステージでも活躍。ニューヨーク大学でダンス講師として教鞭をとられたこともある輝かしいキャリアもお持ちで、世界的脚光を浴びた世界トップダンサーです。

mofing_ys.jpg

←マイケルの『Black or White』 PVへもモーフィングで登場していますね。

マイケルとの最後のお仕事はショートムービー『GHOSTS』だったそうです。この時の撮影のお話も聞くことができました。(ダンス、メイク、撮影、全てが大変な作業だったそうです)

現在は、ご自分で発案されたエクササイズ「アウェークニング」の講師他、劇団四季、プライベートレッスンなどでご活躍中です。

公式サイト→ http://www.yukosumidajackson.com/  

ユーコさんブログ→ http://ameblo.jp/ysj-diary/

 

DWM_0.jpgさて、ワークショップの内容ですが。。。

『Dangerous』 『Will you be there』 『Thriller』 の3つ。

参加した皆さんは気さくな方ばかりで、休み時間は声をかけ合って一緒に鏡の前で練習したりも。

和やかなムードで楽しかったです[揺れるハート] 

見学の方もたくさんいらっしゃいました。ユーコさんのダンスを見るだけでも価値あると思います。

 

 

初めてのダンス教室の扉をたたくことに、前の晩からちょっと緊張していました。

続きを読む☆


nice!(32)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストイックな人 [Dance]

初対面、運動なんかとは無縁な人物に見えるらしい。自分は素人ながらも、運動に関してはストイックな方だと思っている。

人は見かけによらぬもの~(~~) そんなギャップも強みにしよう。

先日、スポーツクラブのバスケトボールサークルに参加してみた。何年ぶりにバスケットボール触ったかな。。。

やはり体で覚えたことは忘れないものだわ。中学、高校時代はバスケ部。リズムよくフェイントをかけ、カットインも決まった[手(チョキ)] やるじゃんあたし!!と調子に乗ってはりきったら、

その日の夜中、突然右のふくらはぎがつった[あせあせ(飛び散る汗)] うぅぅ・・・痛ったぁぁ・・[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

寝る前、ストレッチもちゃんとしたのに。

明らかに体が劣化していきている。疲れが残る。代謝が落ちてきていることも感じる。

mk_BW.jpg音楽性もさることながら、ダンサーとしても類まれな才能を発揮させたマイケル・ジャクソン。

ダンスの凄さは天性のものだけではない。その影には、日々のもの凄い練習量と、切磋琢磨する姿があったという。

彼の死因が「麻酔薬と鎮静剤の複合投与による死亡」と断定された。

50歳であった。

薬の常用は、不眠症を解消するためであった。

ロンドン公演で、ムーンウォークの次のステップが発表になるとも言われていた。それこそ死の直前まで一生懸命稽古をしていたのだ。

完全主義者であったというマイケルだけに、12年ぶりの公演を前に緊張が高まっていた・・・。「強い不安からくる興奮状態だったのだろう」とある心身医学医もコメントしていた。

 

book_KT.jpgクラッシクバレーダンサーの草刈民代さん。

44歳。

彼女の著書『全身からだ革命』を読むと、かなりストイックな人だということがわかる。

20代で体を壊してからの、徹底した食生活の改善、肉体改造。週に何度かのピラテスで体の幹を整え、PNFで筋力トレーニング。

その食生活は、“食命!”の自分にはとうてい真似はできない。。。

 

動物性たんぱく質はいっさい摂らない。そうしているうちに肉は受け付けない体になってしまうそうだ。 マイケルも菜食主義者であったという。

フィットネス雑誌にバレーダンサーの食生活紹介がよく掲載されるが、よっぽど我慢強い人でなければ普通の人には無理だ。だからプロのダンサーでも結構悩むわけで、体重増加でパートナーがいなくなり解雇されたロシアのバレーダンサーもいた。

プロダンサーやプロのアスリートは、何よりも自己の肉体と精神とに、もろに向き合わなければいけない。

加齢による体力の衰えにも目をそらすことなく、より克己して体を作っていく。

足がつった、体が疲れる、なんて言ってジタバタしている次元の問題ではない。はたまた、痩せたい願望だけで無茶なダイエットをしたり、フィットネスDVDを買いあさって三日坊主で終わるそこらへんの女の子たちとは全然違うのだ。(うわぁ・・・敵にまわした人いっぱいいるかも[爆弾]

全く土俵が違うにしもて、プロダンサー、プロアスリートたちのその強靭さ、いさぎよさにはあっぱれ!あっぱれ!。。。。という所感。

 


nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。